このページでは、泉大津市の都市ガスに関する情報を掲載しています。
都市ガス事業は、2017年に自由化され他社への乗り換えができるようになりました。ガス会社を変更することで料金を安くする事も可能な上、多くの企業では電気とセット販売を行っています。泉大津市にお住まいでガスと電力の料金をできる限り安く抑えたいと考えている方は、ぜひ切り替えをご検討ください。また、これから泉大津市にお引越しされる方も、サービスによっては開栓予約が可能です。

一部のサービスには、このページから申し込み手続きができるようになっています。詳しくは、下記の小売事業者一覧をご覧ください。

大阪府泉大津市の都市ガス小売事業者

大阪ガス管内

大阪ガスの一般料金よりも、一律4%割引!

  • 大阪ガス
  • 関西電力
  • 東京電力エナジーパートナー
  • 三愛オブリ
  • 岩谷産業
  • 伊丹産業
  • ガスパル
  • ファミリーネット・ジャパン
  • エア・ウォーター西日本
  • エバーグリーン・マーケティング
  • 関電エネルギーソリューション
  • PinT
  • エフビットコミュニケーションズ
  • エクスゲート
  • アースインフィニティ
  • テプコカスタマーサービス
  • グローバルエンジニアリング
  • 東京エナジーアライアンス
  • ミツウロコグリーンエネルギー
  • エコログ
  • グランデータ

2022年9月更新


泉大津市の皆様は、こちらの中から「ガスを購入する会社」を選ぶことが可能です。

※小売企業は経済産業省に登録していても供給を開始していない、一般家庭には供給していない場合や、申し込みできる環境を限定していることもあります。環境によって選択できる小売事業者が異なることにご注意ください。
※上記小売事業者のすべてが泉大津市の全域で供給可能ではなく、それぞれの地区の導管事業者などの環境によって乗り換え先の会社が異なる可能性があります。

泉大津市の都市ガス導管事業者

  • 大阪ガス

大阪府泉大津市の地下ガス管を敷設した、つまり所有している企業です。

泉大津市の都市ガス普及率

  • 大阪ガス管内
    85.9%
    28639世帯(取り付けメーター数)

経済産業省:平成25年度供給区域内普及率実績(平成27年度供給計画)より
※泉大津市全世帯のなかでの普及率ではなく、それぞれの導管事業者の「供給区域内」においての普及率となります。また世帯数の数値は年度末における、家庭用メーターの取り付け数です。

都市ガスは集合住宅でも乗り換え可能

都市ガスは戸建て、集合住宅に関わらず切り替えることができます。
また、持ち家か賃貸であるかも問題ではありません。一般的な都市ガスの切り替えでは、物理的な工事をしないため、賃貸住宅にお住まいの方でもオーナーや管理会社の許諾は必要ないのです。ご自身の考えで希望のガス会社へと変更することができます。
転居時に関しても、手続きとしては契約中の新都市ガス会社に連絡するのみ、現状回復などの必要はありません。
泉大津市にお住まいでガス代を少しでも安く抑えたいと考えている方は、お気軽に切り替えをご検討ください。

※例外として、お住まいの地区や物件によっては、ガス会社が指定されるケースもあります。特に集合住宅では、オーナーの意向などでガスに関する契約先が制限されることがあります。心配な方は、賃貸契約書を確認いただくか、物件を管理している不動産会社やオーナーに問い合わせましょう。

都市ガスの乗り換え費用はすべて無料

都市ガスの切り替え手続きは、例外を除きすべて無料です。
工事費や契約手数料などの初期費用はかかりません。お得になるガス会社があれば、気軽に変更することができるのです。
ただし、サービスによっては違約金や契約解除料金を設定している可能性がありますので、申し込み手続き前にご確認ください。都市ガスを切り替えること自体に費用はかからないのですが、「契約期間」や「解約」に関して制限している事業者があるかもしれません。

このページから申し込みができる新都市ガスサービスに関しては、初期費用はもちろん、「最低利用期間」や「違約金」「契約解除料金」の設定はありません。

都市ガスの自由化は、国が決定して切り替えを促進していますので、基本的には安心、簡単に手続きすることができるようになっています。
泉大津市の皆様が積極的に切り替えを検討されることで、ガス業界全体の活性化、さらにより良いサービスの誕生につながります。

泉大津市の都市ガス物件にお引越しされる方

お引越しなどで新たに泉大津市で都市ガスを使用される方は、まず導管事業者である大阪ガスで開栓手続きをするのが第一の選択肢となります。
ただ、入居日まで目安として5日以上の猶予がある場合には、開栓と同時に新都市ガス事業者に切り替えできることがあります。引越し日までに余裕がある方は、新都市ガスでの開栓をご検討ください。

※都市ガスの開栓は、業務上の制約があるため企業によって開栓予約できる事業者とできない事業者で対応が分かれています。詳しくはこちらのページで解説していますが、予約を受け付けていない事業者で契約を希望される場合には、一度大阪ガスで開栓した後に切り替え手続きを行うという流れになります。
開栓予約について

切り替え後の保安管理について

泉大津市内で都市ガスを使用中で、もしも「ガス臭い」など、ガスに関するトラブルが発生した場合には、大阪ガスへ連絡しましょう。
これは、大阪ガスから新都市ガス事業者に切り替えたお宅でも同様です。都市ガスに関する保安管理(トラブル・事故などの対応)は、新都市ガスに変更したお宅であっても導管事業者である大阪ガスが対応するということが法律により定められています。つまり、泉大津市内の都市ガスに関する保安管理は、すべて大阪ガスが担っているのです。

「新都市ガス事業者の方が料金は安いけど、事故があった際の対応はどうなるの」という方がいらっしゃるかもしれませんが、そのような心配は無用です。都市ガスに関して何かあった際には、今まで通り大阪ガスへ連絡しましょう。
新都市ガスに変更したからといって、事故が発生した際の対応が遅くなるということはありませんのでご安心ください。

泉大津市の都市ガス普及状況

泉大津市は、大阪府中南部に位置する都市。
面積は14.31平方キロメートル、およそ7.3万人の方が暮らしています。

都市ガスの普及状況を見ると、2013年度の大阪ガス家庭用メーター取付数が約2.8万個となっています。人口に比べてメーターの数がやや低めという数字です。ただ、都市ガスの普及率としては、低いということではありません。
泉大津市では、都市ガスが広域で普及しているものの、ほとんどのお宅で使用するほどには至っていないという状況です。
恐らく市内の一部のお宅では、今もプロパンガスが利用されています。また、近年ではガスを使用していないオール電化などのお宅が増えていますので、そちらも考慮する必要があります。

もしも都市ガスが供給区域外などで、プロパンガスの乗り換えを検討される方は、こちらのページに情報を記載していますのでご覧ください。

泉大津市のプロパンガス料金

泉大津市の都市ガス供給エリア

  • 全域

大阪ガスが公開している情報によると、泉大津市では全域が都市ガス供給エリアとされています。つまり市内のすべての町域において都市ガス導管が敷設されているということです。
ただし、泉大津市内の「すべての道路にガス管が埋設されている」ということではありませんので注意が必要です。ガス管が通っていない道路というのは、どんな都市でも必ず存在しています。

現状で都市ガスを引き込んでいないお宅など、詳しい導管の埋設状況を知りたいという方は、大阪ガスへお問い合わせください。