この記事では、奈良県奈良市都市ガスに関する情報を掲載しています。

都市ガスの小売事業は自由化されていますので、消費者は契約を結ぶ都市ガス会社を選ぶことができます。ガス代を安く抑えたい方は、新都市ガス会社での契約を検討しましょう。

「これから奈良市へ引越しする方の開栓予約」「すでに奈良市にお住まいで都市ガス会社変更の申し込み」どちらもこのページから手続きができます。

この記事は次のような人におすすめ!

  • これから奈良市の都市ガス供給物件に引越しする方
  • 奈良市にお住まいで、都市ガスを利用している方
  • 奈良市の都市ガス供給エリアを知りたい方
  • 奈良市で新たに都市ガスを引き込みたい方

奈良市の都市ガス導管事業者

  • 大阪ガスネットワーク

地下を通る都市ガスの導管工事を行った会社を「一般ガス導管事業者」と呼びます。つまりガス管を所有している企業です。一般ガスとは、都市ガスを指しています。

大阪ガスネットワークとは
大阪ガスネットワークは、Daigasグループの会社です。「ガス管の敷設や保守管理を担当する導管事業を大阪ガスネットワーク」「実際に顧客と契約を結ぶ小売事業を大阪ガス」という形で分社しています。

奈良市の都市ガス小売事業者

消費者と実際に契約を結ぶのが「小売事業者」です。

奈良市で都市ガスの契約をする際には、登録している小売事業者の中から選ぶことができます。

選べるガス会社は限られる
経済産業省に小売事業者として登録していても、実際には供給を開始していないことや、申し込みできる顧客を限定している企業があります。
必ずしも以下すべての会社を選べるとは限りません。

大阪ガスネットワーク管内の都市ガス小売事業者

  • サイサン
  • 大阪ガスの一般料金より一律4%割引!引越し予約可!(12日以上前に予約要)

  • 大阪ガス
  • 関西電力
  • 東京電力エナジーパートナー
  • 三愛オブリ
  • 岩谷産業
  • 伊丹産業
  • ガスパル
  • ファミリーネット・ジャパン
  • エア・ウォーター西日本
  • エバーグリーン・マーケティング
  • 関電エネルギーソリューション
  • PinT
  • エフビットコミュニケーションズ
  • エクスゲート
  • アースインフィニティ
  • グローバルエンジニアリング
  • 東京エナジーアライアンス
  • ミツウロコグリーンエネルギー
  • エルピオ
  • エコログ
  • ストエネ
  • フォーバルテレコム

2024年4月更新

奈良市の都市ガス物件へ引越しする方・開栓予約

これから奈良市の都市ガス物件に引越しする方は、ガス会社を選ぶことができます。

急ぎで開栓する方は大阪ガスへ
引越し日(ガスの使用開始日)まで日にちが迫っている方は、大阪ガスへ開栓の連絡をしましょう。新都市ガス会社での開栓は、日程に余裕がなければ間に合いません。
大阪ガス・お引越しの際のお手続き

新都市ガス会社へ切り替えを希望する方は、大阪ガスで開栓した後に手続きをしましょう。

新都市ガス会社で開栓予約する

引越し日までに余裕がある方は、新都市ガス事業者で開栓することができます。

開栓予約に必要な日数は、小売事業者によって異なります。

お得な新都市ガスで開栓

このページから手続きできる新都市ガスでは、12日以上前であれば開栓予約が間に合います。ガスの使用開始日まで余裕がある方は、新都市ガス会社で開栓するのが簡単でお得です。

  • サイサン
  • 大阪ガスの一般料金より一律4%割引!12日以上前に予約要

開栓予約を受け付けていない新都市ガス会社も多い

都市ガスの開栓は、点検作業を伴うため人員を手配する必要があります。その他にも事業者側に制約があるため、開栓予約を受け付けていない新都市ガス会社もあります。

都市ガスの開栓は立ち合いが必要
都市ガスの開栓は、作業員が現地に伺い作業を行います。開栓と同時に点検も行うため消費者の立ち合いが必要です。 スタッフの手配が必要など、諸々の事情から開栓は受け付けておらず、スイッチングのみの事業者も少なくありません。 詳しくは開栓予約についてに記載しています。

奈良市で都市ガスを利用中の方・ガス会社切り替え

奈良市にお住まいで都市ガスを利用している方も、お好きなガス会社に変更することができます。

都市ガスの切り替え手続きは無料で、簡単に進められるようになっています。

都市ガスは賃貸住宅でも乗り換えできる

都市ガスは戸建住宅、集合住宅に関わらず切り替えることができます。

都市ガス会社の変更は、物理的な変更を加えません。賃貸住宅にお住まいの方は、オーナーや管理会社に確認しなくてもガス会社を切り替えできます。

ガスの中身は同じ
新都市ガス会社に変更したとしても「同じガス管から同じ中身のガス」が供給されます。 変更されるのは、データ上の情報のみです。供給されるガスの中身が変わることはありません。
同様にガス機器もそのまま使用できます。

都市ガス会社の切り替えは0円

都市ガスの乗り換え手続きは、基本的にすべてを無料で進められます。

初期費用無料
工事費用や契約手数料などの初期費用はかかりません。お得になるガス会社があれば、気軽に変更することができるのです。

ただしサービスによっては、違約金や契約解除料金を設定している可能性がありますので、申し込み前にご確認ください。都市ガスを切り替えること自体に費用はかからないのですが、「契約期間」や「解約」に対して制限している事業者があります。

都市ガスの自由化は、政府が決定して切り替えを促進していることですので、基本的には安心且つ簡単に手続きすることができるようになっています。

このページから申し込み手続きできる新都市ガスについては、制約期間の設定はありません。

契約中の都市ガス会社への連絡は不要

都市ガス会社を変更する際、現在契約中のガス会社へ解約の連絡する必要はありません。

契約している都市ガス会社への解約通知は、変更先の事業者が行うことになります。これは新電力と同じです。

申し込むだけで手続き完了
契約したい新都市ガス会社に申し込むだけで切り替え手続きは完了しています。退去などで解約する際も同様に、契約中の都市ガス会社に連絡をするのみです。

契約が変わるのは検針日

都市ガス会社の契約が切り替わる日は、必ず検針日になります。

検針日は、地域などによって異なりますので、お住まいの環境で日にちが決まっています。

自動的に切り替わる
都市ガスのスイッチングは、申し込み手続きをした「翌検針日」または「翌々検針日」に自動的に変更されます。 具体的な切り替え日は、申し込んだ後に変更先のガス会社からハガキやメールで通知されます。
※申込過程で情報に不備があった際は、遅れることもあります。

都市ガスの切り替えは、物理的な変更を加えるものではなく、新旧の都市ガス会社でデータ上のやり取りを行うのみです。

顧客の立ち合いは不要で勝手に切り替わります。

契約の重複はしない
  • 契約期間が重複して料金が二重でかかることはないか
  • 基本料金は日割り計算されるのか
  • ガスが使えなくなる時間があるのか
という心配はいりません。

切り替え後の保安管理

奈良市でガストラブルが起きたら
奈良市で都市ガスを使用中で、もしも「ガス臭い」など、ガスに関するトラブルが発生した場合には、大阪ガスネットワークへ連絡しましょう。
大阪ガス:ガス漏れ・ガスくさい場合

これは、新都市ガス事業者に切り替えたお宅でも同様です。

緊急時は大阪ガスネットワークが対応
都市ガスに関する保安管理(トラブル・事故などの対応)は、新都市ガスに変更したお宅であっても導管事業者である大阪ガスネットワークが対応することが法律により定められています。

「新都市ガス会社の方が料金は安いけど、事故があった際の対応はどうなるの」という心配は無用です。新都市ガスに変更したからといって、緊急時の対応が遅くなることはありません。

参照:新都市ガスに変更した後の保安管理

奈良市の都市ガス普及率

  • 大阪ガスネットワーク管内
    79.7%
    117562世帯(取り付けメーター数)

経済産業省:平成25年度供給区域内普及率実績(平成27年度供給計画)より

以前の調査結果ですので、現在はメーター数が増えていることが考えられます。

奈良市全体に対しての数値ではない
奈良市全体に対しての普及率ではありません。大阪ガスネットワークの「供給区域内」においての普及率です。また世帯数の数値は、年度末における「家庭用メーターの取り付け数」です。
「奈良市民の79.7%が都市ガスを利用している」のではありません。

奈良市の都市ガス普及状況

奈良市は、奈良県北部に位置する都市、同県の県庁所在地。面積は276.94平方キロメートル、およそ35万人の方が暮らしています。

都市ガスの普及状況を見ると、2013年度の大阪ガス家庭用メーター取付数が約11.7万個となっています。

人口に比べてメーターの数が3分の1ほどの数字です。

奈良市では、都市ガスが西部を中心に普及していますが、全域には至っていません。完全に供給エリア外の地域があるほか、エリア内であっても都市ガス以外のエネルギーを使用しているお宅も相当数あります。

奈良県の自治体すべてに共通していますが、都市ガスの普及が遅れています。特に奈良市は、東部を山林が占めているため、都市ガス供給区域外の地区が広く残されています。

奈良市でプロパンガスを利用しているお宅

奈良市では、プロパンガスも広く供給されています。プロパンガスの切り替えを検討される方は、こちらのページで詳しく解説しています。

奈良市のプロパンガス料金
奈良市は、複数のプロパンガス会社が競合している地域です。近年はプロパンガスの低価格化が進んでいます。戸建住宅であれば、都市ガスの一般プランと同じ水準の料金でプロパンガスを使用することも不可能ではありません。

奈良市で都市ガスを新たに引き込む

「現在プロパンガスやオール電化を使用している」「これから新築住宅を建築する」など都市ガスを新たに引き込みたい方は、導管事業者である大阪ガスネットワークへ連絡しましょう。

都市ガスをはじめて引き込むには
都市ガスを使用するためには、引き込みできる場所まで導管が届いていることが条件です。
さらにお客様宅の敷地内工事は、必ず有償になります。都市ガスは公共サービスであるため、工事費用割引きのような「特定の顧客を優遇するサービス」ができません。

現在都市ガスを使用していない建物へ新たに引き込むためには、数万円から数十万円の工事費用が発生します。

具体的な金額は、大阪ガスネットワークの規定に基づき見積もりされますので、問い合わせてみましょう。⇒大阪ガスネットワーク・都市ガスへの切り替え

奈良市の都市ガス供給エリア

以下が「奈良市において都市ガスが供給されていない区域」です

  • 興ケ原町
  • 邑地町
  • 丹生
  • 北野山町
  • 柳生下
  • 柳生町
  • 大保町
  • 阪原町
  • 大柳生町
  • 大平尾町
  • 水間町
  • 別所町
  • 杣ノ川町
  • 広岡町
  • 狭川町
  • 西狭川町
  • 狭川西町
  • 狭川東町
  • 北村町
  • 須川町
  • 南ノ庄町
  • 園田町
  • 法用町
  • 中ノ川町
  • 生琉里町
  • 大慈山町
  • 忍辱山町
  • 誓多林町
  • 今市町
  • 沓掛町
  • 日笠町
  • 大野町
  • 中貫町
  • 中ノ庄町
  • 南田原町
  • 長谷町
  • 此瀬町
  • 横田町
  • 茗荷町
  • 和田町
  • 須山町
  • 矢田原町
  • 中畑町
  • 菩提山町
  • 北椿尾町
  • 南椿尾町
  • 興隆寺町
  • 米谷町
  • 田原春日野町
  • 高樋町
  • 虚空蔵町
  • 窪ノ庄町
  • 山町
  • 八島町
  • 柴屋町
  • 田中町
  • 池田町
  • 東鳴川町
  • 平清水町
  • 鉢伏町
  • 横井町
  • 横井1~7丁目
  • 藤原町
  • 鹿野園町
  • 白毫寺町のうち「県道奈良名張線」より南で「市道北部第551号線」より東
  • 古市町のうち「県道高畑山線」より西のうち「国道169号線」より東
  • 古市町のうち「県道高畑山線」より西のうち「国道169号線」より西のうち「県道奈良大和郡山線」より南
  • 月ヶ瀬石打
  • 月ヶ瀬尾山
  • 月ヶ瀬長引
  • 月ヶ瀬嵩
  • 月ヶ瀬月瀬
  • 月ヶ瀬桃香野
  • 都祁南之庄町
  • 都祁甲岡町
  • 来迎寺町
  • 都祁友田町
  • 藺生町
  • 都祁小山戸町
  • 都祁相河町
  • 都祁吐山町
  • 都祁こぶしが丘
  • 都祁白石町
  • 針町
  • 針ケ別所町
  • 小倉町
  • 上深川町
  • 下深川町
  • 荻町
  • 都祁馬場町

※以上が奈良市において「都市ガスが全く供給されていないエリア」です。該当しない区域が供給エリア内です。
※2022年時点のデータ

都市ガスは導管から供給されるサービス

都市ガスは、地下を通るガス管網を通して供給されるサービスです。

目の前の道路まで都市ガスが届いているか
現在、都市ガスを導入していないお宅が新たに使用するためには、引き込み可能な場所までガス管が敷設されていることが条件です。一般的には「目の前の道路までガス管が届いているか」が基準になります。

都市ガス導管を敷設するためには、まず地面を掘削して管を通さなければなりません。

この時点で導管事業者(奈良市の場合は大阪ガスネットワーク)に莫大な費用が必要になります。大阪ガスネットワークとしては、導管を伸ばした先に顧客数を見込むことができなければ投資は難しいのです。

奈良市は、西部が市街地として発展する一方、東大寺以東が山間部によって構成されています。

居住地域ではないので、住んでいる方が少ない上に建物の間隔が広くなっています。奈良市の東部地域に関しては、将来的にも都市ガスが供給される可能性は低いでしょう。

都市ガスの新規引き込み工事は有料

また都市ガスが引き込みできる場所にお住まいの方も注意が必要です。

導管を新規で引き込むためには、使用者側にも工事費用が発生します。

都市ガスは、ライフラインのサービスという位置づけで、「公共サービス」に指定されいます。そのため、一部の顧客を優遇するような行為が禁止されています。

工事費用の割引ができない
例えば、「今回は特別に引き込み費用を割引します」のような特別扱いをしてはいけないのです。すべての方に対して、平等に対応することが求められています。

つまり都市ガスを新たに引き込むには、見積もりに応じた費用を必ず支払わなければなりません。

新築住宅など、今後長く住むことが決まっている方であれば問題ないでしょう。ただいつ引っ越すかわからない方や高齢者のお宅などでは、まとまった費用を支払うのが難しい方もいらっしゃいます。

「いつまで住むかわからないから、多少割高でもプロパンガスのままで良い」ということになるのです。

賃貸住宅はLPガスの割合が高い
さらに戸建・集合ともに「賃貸住宅」の場合には、貸主であるオーナーとしては、費用を支払うことを避けたい方もいらっしゃいます。プロパンガスのままでも入居者がいるのであれば、費用を払って都市ガスを引き込む必要がないのです。
賃貸住宅の場合は、特にプロパンガス物件の比率が高くなります。

あくまでも一つの考え方ですが、都市ガスを新たに使用するためには条件があるのです。

新規引き込みの担当は導管事業者になりますので、検討する方がいらっしゃいましたら、大阪ガスネットワークへお問い合わせください。