このページでは、市川市の都市ガスに関する情報を掲載しています。
2017年に自由化され、都市ガスも他社への切り替えができるようになりました。ガス単体の変更で料金を安くする事もできる上、一部の企業では電気とセット販売を行っています。市川市にお住まい又はお引越しでガスと電力の料金をできる限り安く抑えたいと考えている方は、都市ガス事業者の変更をご検討ください。
一部のサービスには、このページから申し込み手続きを進めることができます。各社基本的には導管事業者よりもガス料金が安くなるように設定されているのでおすすめです。詳しくは各リンク先のページをご覧ください。

千葉県市川市の都市ガス小売事業者

京葉ガス管内

  • 東彩ガス
  • 京葉ガス
  • 日本ガス
  • 東日本ガス
  • 河原実業
  • ENEOS

2022年6月更新


市川市の皆様は、上記の中から「ガスを購入する会社」を選ぶことが可能です。

※経済産業省に小売事業者として登録していても、供給を開始していない場合や、一部区域に限り供給しているケースもあります。
※上記小売事業者のすべてが市川市の全域で供給可能ではなく、それぞれの地区によって乗り換え先の会社も異なる可能性があります。

千葉県市川市の都市ガス導管事業者

京葉ガス

千葉県市川市の地下ガス管を敷設した、つまり所有している企業です。

市川市の都市ガス普及率

京葉ガス管内
91.8%
207291世帯(取り付けメーター数)

経済産業省:平成25年度供給区域内普及率実績(平成27年度供給計画)より
※市川市全世帯のなかでの普及率ではなく、それぞれの導管事業者の「供給区域内」においての普及率となります。また世帯数の数値は年度末における、家庭用メーターの取り付け数です。

都市ガスは住まいの形態に関わらず乗り換え可能

都市ガスは一戸建て、集合住宅に関わらず切り替えることができます。
また持ち家か賃貸であるかも問題ではありません。都市ガスの切り替えでは物理的な工事を行わないため、賃貸住宅にお住まいの方でもオーナーからの許諾などは必要なく、ご自身の意思にて好きなガス会社へと変更ができるのです。
市川市にお住まいでガス代を少しでも安く抑えたいと考えているお宅は、お気軽に切り替えをご検討ください。

※例外として、お住まいの地区や物件によっては、ガス会社が指定されるケースもあります。特に集合住宅では、オーナーや管理会社の意向でガスに関する契約先が制限されることがあります。心配な方は、賃貸契約書を確認いただくか、管理している不動産会社に問い合わせましょう。

都市ガスの乗り換え費用は基本無料

都市ガスの乗り換え手続きは、例外を除きすべてを無料で進められます。
工事費用や契約手数料などのようなもの、さらに大掛かりな工事もありません。お得になるガス会社があれば、気軽に変更することができるのです。
ただし、サービスによっては違約金や契約解除料金を設定している可能性がありますので、申し込み前にご確認ください。都市ガスを切り替えること自体に費用はかからないのですが、「契約期間」や「解約」に対して制限している事業者もあり得ます。

都市ガスの自由化は、政府が決定して切り替えを促進していることですので、基本的には安心且つ簡単に手続きすることができるようになっています。
市川市の皆様が積極的に切り替えを検討されることで、ガス業界全体の活性化、さらにより良いサービスの誕生につながります。

市川市の都市ガス物件へ引越しされる方

お引越しなど新たに市川市で都市ガスを使用される方は、まず導管事業者である京葉ガスに申し込むことが第一の選択肢になります。
ただ、開栓日まで5日程度空いている場合には、最初から新都市ガス事業者で使用開始ができることがあります。引越し日までに余裕がある場合には、新都市ガス会社での開栓をご検討ください。
市川市へお引越しで、転居先物件がどの導管事業者なのか不明な時、また都市ガスが提供されているかどうかわからない際には、管理会社やオーナーなどに問い合わせましょう。

※都市ガスの開栓(引っ越し予約)は、業務上で様々な制約があるため、予約可能な事業者と受け付けていない事業者で分かれています。

詳しい理由については開栓予約についてのページで解説していますが、開栓予約ができない会社がありますので申し込み前に必ずご確認ください。
使用開始の予約を受け付けていない事業者での申し込みを希望される場合には、一度京葉ガスで開栓をしてから切り替え手続きを行う必要があります。

このページから申し込みできるサービスでは、東彩ガスは開栓予約が可能です。

市川市の都市ガス普及状況

市川市は、千葉県北西部に位置する都市。
面積は57.45平方キロメートルと決して大きくはありませんが、およそ50万人の人口を誇っています。総武線、東西線、京葉線などで東京都内と繋がっており都心へのアクセスが極めて良好、ベッドタウンとしての役割が強い都市です。

都市ガスの普及状況を見ると、京葉ガスの家庭用メーターの取り付け数が約20万個となっています。(2013年時点)
人口に対してメーターの数が半数以下となっており、市内の一部では都市ガスが供給されていない地区があることがわかります。

宅地開発された地区では広くガス管が敷設されていますが、東部や北部を中心とした地域でプロパンガスも利用されています。これらの地区では、豊かな自然が残っている区域があり住宅が密集していないこともあります。その場合、地下にガス管を通す工事が進みにくいことが多く、プロパンガスを利用するしか選択肢がないのです。
また近年では、オール電化の普及も進んでいますので、必ずしもガスを使用しているお宅ばかりとは限りません。

一般的には、プロパンガスよりも都市ガスの方が料金が安く人気が高いサービスです。オール電化も安全ではありますが、導入費用が高額、料理などではガスの方が適しているなどのデメリットがあります。
市川市の人口推移は増加を続けていますので、人気が高い都市ガスの導管網はこれからも拡大していくことになるでしょう。

市川市の導管事業者について

市川市の都市ガス導管事業者は、京葉ガスです。
京葉ガスは、地元市川市に本社を構える企業。千葉県北部一帯で都市ガスを供給している大規模なガス会社で、株式上場しています。

一戸建てにお住まいや、持ち物件の方など、「都市ガスの導管が近くまで来ているか知りたい」という方は、京葉ガスに問い合わせましょう。

京葉ガスは、東日本に限ると東京ガスに次ぐ規模を持つ都市ガスの会社です。
都市ガスの小売事業が全面自由化され、東京ガス管内には多くの小売り事業者が参入しました。一方で京葉ガス管内には、現在まで数えるほどの事業者しか参入していないという状況です。

都市ガスの小売事業は、同じく自由化されている電力と比べると薄利であると言われています。またガスと電気という商品の違いにより、小売事業者には様々な制約が課されてしまいます。ガスという商品の性質上、絶対的な安全を確保しなければならないのです。

電気の場合には、電線を張り巡らせることにより電力の供給を行います。都市ガスの場合には、地面を掘って導管を敷設しなければならず、費用面などにおいて電力と大きく異なります。
そのため、電力の場合には、東京電力が関東地方全体を管轄しているのに対し、東京ガスは東京23区や横浜市、千葉市、さいたま市など主要都市に供給しているものの、全域には到底及んでいません。
市場規模が電力と都市ガスでは大きく異なるという理由もあり、新電力の参入事業者が数百社にも及ぶのに対し、都市ガスは事業者数が少ないという状況になっています。