このページでは、千葉市の都市ガスに関する情報を掲載しています。
2017年に自由化され、都市ガスも他社への乗り換えができるようになりました。ガス単体の変更で料金を安くする事が可能な上、電気とセット販売を行っている会社もあります。千葉市にお住まいでガスと電力の料金をできる限り安く抑えたいと考えている方は、新都市ガスへの切り替えをご検討ください。

一部のサービスは、下記の小売り事業者一覧から申し込み手続きが可能です。詳しいサービス内容は、各リンク先のページをご参照ください。

千葉県千葉市の都市ガス小売事業者

東京ガス管内

東京ガスの一般料金よりも、一律4%割引!引越し予約可!

  • 東京ガス
  • 東京電力エナジーパートナー
  • レモンガス
  • 日東エネルギー
  • 三愛オブリ
  • ENEOS
  • 日本瓦斯
  • 東彩ガス
  • 東日本ガス
  • 北日本ガス
  • 河原実業
  • 東京ガスエンジニアリングソリューションズ
  • エネクル
  • ガスパル
  • ファミリーネット・ジャパン
  • 日本ファシリティ・ソリューション
  • エバーグリーン・マーケティング
  • エネックス
  • 中央電力
  • CDエナジーダイレクト
  • アースインフィニティ
  • PinT
  • エフビットコミュニケーションズ
  • アストマックス
  • エクスゲート
  • グローバルエンジニアリング
  • 東京エナジーアライアンス
  • ミツウロコグリーンエネルギー
  • エルピオ
  • エコログ
  • グランデータ

2022年11月更新


大多喜ガス管内

  • 大多喜ガス
  • 合同資源(一般家庭への販売予定なし)

2022年11月更新


千葉市の皆様は、こちらの中から「ガスを購入する会社」を選ぶことが可能です。

※経済産業省に登録している事業者でも、実際に供給を開始していない場合や、一部区域に限り供給していることもあります。
※上記小売事業者のすべてが千葉市の全域で供給可能ではなく、それぞれの地区の導管事業者によって乗り換え先の会社が異なります。

千葉市の都市ガス導管事業者

  • 東京ガス
  • 大多喜ガス

千葉県千葉市内の地下ガス管を敷設した、つまり所有している企業です。

千葉市の都市ガス普及率

  • 東京ガス管内
    85.5%
    307783世帯(取り付けメーター数)
    内訳:中央区70731、花見川区66640、稲毛区59931、若葉区45874、緑区100、美浜区64507
    ※旧千葉ガスの供給世帯数を含んでいます。千葉ガスは平成28年5月に東京ガスへ統合されました。
  • 大多喜ガス管内
    57.7%
    33911世帯(取り付けメーター数)
    内訳:中央区4433、緑区29478

経済産業省:平成25年度供給区域内普及率実績(平成27年度供給計画)より
※千葉市内全世帯のなかでの普及率ではなく、それぞれの導管事業者の「供給区域内」においての普及率となります。また世帯数の数値は年度末における、家庭用メーターの取り付け数です。

都市ガスは住まいの形態に関わらず乗換可能

都市ガスは一戸建て、集合住宅に関わらず乗り換えが可能です。
また持ち家であるか、賃貸かも問題ではありません。通常の場合には工事が一切必要ないため、賃貸住宅にお住まいの方でもオーナーからの許諾などは必要なく、ご自身の意思で好きなガス会社へと乗り換えができるのです。千葉市にお住まいでガス代を少しでも安く抑えたいと考えているお宅は、新都市ガスへの切り替えをご検討ください。

※例外として、特殊なエネルギー供給区域であったり、一部の賃貸物件ではガス会社が指定されている可能性があります。変更して良いかどうか心配な方は、賃貸契約書などをご覧いただくか、物件のオーナーや管理会社に確認することをお勧めいたします。

都市ガスの乗り換え費用はすべて無料

都市ガスの乗り換え手続きは、すべてを無料で進められます。
工事費用や契約手数料などの費用、さらに大掛かりな工事もありません。お得になるガス会社があれば、気軽に変更することができるのです。ただし、サービスによっては、違約金や契約解除料が設定されている可能性がありますのでご注意ください。
尚、このページからお申し込み可能な新都市ガスは、制約期間や違約金の設定は一切ありませんので安心して申し込みが可能です。
千葉市の皆様が乗り換えに対して積極的な姿勢を見せることで、ガス業界全体の活性化、さらにより良いサービスの誕生につながります。

千葉市の都市ガス物件へ引越しの方

都市ガスの開栓(使用開始の予約)は、業務上で様々な制約があるため、予約可能な事業者と受け付けていない事業者があります。
詳しくは開栓予約についてのページで解説していますが、開栓予約ができない会社がありますので十分にご注意ください。
開栓を受け付けていない事業者での申し込みを希望される方は、一度導管事業者で開栓作業をした後に切り替え手続きを行う必要があります。

また開栓が可能な小売事業者であったとしても、予約には日にちが十分に空いている必要があります。開栓希望の日程が迫っているという方は、一度導管事業者で開栓してから検針票をご用意の上で切り替えを進めてください。
千葉市へお引越しで、転居先がどの企業の管轄なのか不明な時、また都市ガスが提供されている物件かどうか不明な際には、不動産管理会社やオーナーなどに問い合わせましょう。

切り替え後の保安管理について

千葉市内で都市ガスを使用中で、もしも「ガス臭い」など、ガスに関するトラブルが発生した場合には、東京ガスまたは大多喜ガスへ連絡しましょう。
これは、新都市ガス事業者に切り替えたお宅でも同様です。都市ガスに関する保安管理(トラブル・事故などの対応)は、新都市ガスに変更したお宅であっても導管事業者が対応することが法律により定められています。つまり、千葉市内の都市ガスに関する保安管理は、すべて東京ガスまたは大多喜ガスが担っているのです。

「新都市ガス事業者の方が料金は安いけど、事故があった際の対応はどうなるの」という方がいらっしゃるかもしれませんが、そのような心配は無用です。都市ガスに関して何かあった際には、今まで通り東京ガスまたは大多喜ガスへ連絡しましょう。
新都市ガスに変更したからといって、事故が発生した際の対応が遅くなるということはありませんのでご安心ください。

千葉市の都市ガス普及状況

千葉市は、千葉県の県庁所在地であり県内最大の都市でもあります。
2022年時点で市内の人口はおよそ97万人、政令指定都市に指定されている大都市です。

都市ガスの普及率を見ると、東京ガス管内の家庭用メーター取り付け数が約30万個、大多喜ガス管内では約3万個となっています。
古いデータであるうえ、「都市ガスメーターが付いている数」と「人口」なので単純な比較はできないのですが、人口に対してメーターの数が三分の一程度です。
この数字から推測すると、千葉市内では都市ガスを利用していない世帯が未だ多くあると考えられます。

これは、千葉市の面積がおよそ271平方キロメートルと広大であることに加え、東部の若葉区・緑区を中心に山間部や丘陵地帯などを多く含んでいることが要因となっています。
平地ではない地区では、ガス管の敷設が難しいほか、人口密度が低く導管の敷設が進みにくいと考えられます。これら都市ガスの普及が進んでいない地区では、オール電化の利用率が高いほか、プロパンガスが広く利用されています。地形などを考慮すると、今後若葉区と緑区のエリアで都市ガスの開発が大きく進むことはないでしょう。
対象的に東京湾沿いに位置する美浜区や中央区エリアでは、土地開発が進んでいるため都市ガスの普及が広く進んでいるのです。

引っ越しなどで「物件が都市ガス対応かわからない」という方は、こちらのページをご参照ください。

もしも都市ガスが供給区域外などで、プロパンガスの切り替えを検討する方がいらっしゃいましたら、こちらのページに情報を記載していますのでご参照ください。

千葉市の都市ガス供給エリア

2022年時点での千葉市における都市ガス供給エリアは、以下の通りです。

全域が東京ガス供給エリア内の行政区

  • 美浜区
  • 花見川区
  • 稲毛区

若葉区

若葉区の以下の区域以外が供給エリア内です。

  • 愛生町のうち雇用促進事業団愛生町宿舎の簡易ガス事業供給地点
  • 五十土町
  • 和泉町
  • 大井戸町
  • 太田町
  • 大広町
  • 小間子町
  • 県道岩富山田台線以東、市道小間子町6号線以南
  • 川井町
  • 北谷津町
  • 古泉町
  • 御殿町
  • 佐和町
  • 下田町のうち主要地方道浜野四街道長沼線以北
  • 高根町
  • 多部田町
  • 旦谷町
  • 富田町
  • 中田町
  • 中野町
  • 野呂町
  • 谷当町のうち主要地方道浜野四街道長沼線以北

※以上が若葉区において都市ガスが全く供給されていないエリアです。該当しない区域が東京ガスのエリア内ですのでご注意ください。


中央区(東京ガス管内)

中央区の以下の区域以外が「東京ガスの」供給エリア内です。

  • 赤井町のうち主要地方道路生実本納線以南
  • 生実町のうち生実川より南かつ京葉道路より東、JR外房線以南かつ準用河川生実川以東
  • 塩田町
  • 大巌寺町のうちJR外房線以南
  • 新浜町
  • 浜野町
  • 南生実町
  • 村田町

※以上が中央区における「東京ガスの供給エリア外」の区域です。該当しない区域が東京ガスのエリア内ですのでご注意ください。


中央区(大多喜ガス管内)

  • 赤井町(主要地方道生実本納線以南に限る)
  • 生実町(1085番地、1086番地及び京葉道路より西側・生実川より北側を除く)
  • 塩田町
  • 大巌寺町(外房線以南)
  • 浜野町
  • 南生実町
  • 村田町

緑区(東京ガス管内)

  • 平山町のうち千葉東金道路より南かつ主要地方道浜野四街道長沼線より西かつ千葉外房有料道路以北(ただし飛地を除く。)
  • 辺田町のうち千葉東金道路より南かつ主要地方道浜野四街道長沼線より西かつ千葉外房有料道路以北の平山町に囲まれた地域

緑区(大多喜ガス管内)

  • あすみが丘
  • あすみが丘東
  • 大金沢町
  • 大木戸町
  • 大椎町
  • 大野台
  • 落井町
  • 越智町
  • おゆみ野
  • おゆみ野有吉
  • おゆみ野中央
  • おゆみ野南
  • 鎌取町
  • 刈田子町
  • 小金沢町
  • 椎名崎町
  • 大膳野町
  • 高田町
  • 高津戸町
  • 土気町
  • 富岡町
  • 中西町
  • 平山町の一部
  • 古市場町
  • 辺田町の一部
  • 誉田町
  • 茂呂町
  • 小食土町
  • 板倉町(地方主要道土気停車場・金剛地線以東に限る.市道09014号線以北に限る)
  • 小山町(市道09014号線以北に限る.市道09016号線以西に限る)
  • 大高町27-1

※都市ガス供給エリアは、地図を文言で表現しているため一部の表記が長くわかりづらくなっています。
以上の区域一覧は、一部を編集・割愛して記載しています。さらに詳しい導管の埋設状況を知りたいという方は、お住まいの地区に該当する導管事業者へお問い合わせください。

※都市ガスを使用するためには、基本的に目の前の道路までガス管が通っている必要があります。供給エリア内に含まれている地区であったとしても、都市ガスを使用できない環境にある物件がありますのでご注意ください。

千葉市の導管事業者について

千葉市内では、東京ガスと大多喜ガスの2社が導管事業者としてガス管を整備しています。
東京ガスは、市内の6区すべてで導管を所有していますが、大多喜ガスは南部の中央区と緑区のみとなっています。

かつて千葉市では、千葉ガスという企業があり中央区、若葉区、花見川区で都市ガスを供給していました。千葉ガスは、2016年に東京ガスへ統合されていますので、旧千葉ガスの区域は現状では東京ガス管内となります。

ガスに馴染みが浅い方はご注意いただきたいのですが、導管事業者というのは地域のガス管網を敷設したガス会社を指すもので、その地区によって決まっているものです。
例えば千葉市中央区と緑区は、東京ガスと大多喜ガスの両社が導管事業者なのですが、どちらか好きな方を選べるということではありません。

この導管事業者がどこなのかによって、切り替え先のガス会社が大きく変わってまいります。
ページ上部の小売り事業者一覧を見ていただくと、東京ガス管内には切り替え先のガス会社が多数あることがわかるかと思います。一方で大多喜ガス管内には、現状では供給を開始している事業者が現れていません。

つまり東京ガスと契約している(東京ガス管内の)お宅は切り替え先の選択肢がたくさんあるのに対し、大多喜ガスと契約している(大多喜ガス管内の)お宅は現状では他社に切り替えることができないのです。
これは、東京ガスが都市ガス事業者のなかで最大手であり、東京23区を中心に広範囲で都市ガスを供給しているのに対し、大多喜ガスは比較的限られた地域でのみ供給していることが理由です。

都市ガスの小売事業は、「千葉市で小売り事業者として登録する」というように自治体や地域ごとに登録するものではなく、「東京ガスエリアに小売事業者として登録する」という形で各導管事業者単位で経済産業省に届け出ます。
従って、東京ガスエリアは顧客数が多いのでそれに比例して参入している事業者が多い、大多喜ガスは限られた地域で供給している中規模の都市ガス事業者なので参入企業が少ないということになるのです。
お住まいの地域が大多喜ガス管内なのか、東京ガス管内なのかによって切り替え先が大きく変わりますのでご注意ください。

大多喜ガス管内に小売事業者が参入していない理由は、他にも考えられます。
東京ガスも含め日本国内で使用されている都市ガスのほとんどは、海外から輸入された天然ガスを主成分としています。それに対し大多喜ガスは、地元である千葉県産の天然ガスを使用しているのです。
関東地域には、「南関東ガス田」という国内最大のガス田があります。その中でも千葉県、特に大多喜ガスの本拠地がある茂原市は、生産の中心地であり多くの天然ガスが産出されています。
当然ながら輸入した天然ガスよりも地元産の方がコストが安く済むため、その分消費者へのガス料金も安くすることができるのです。小売り事業者としては、大多喜ガスの料金よりも安くすることが難しいので参入できないと考えられます。

参考までに、大多喜ガス以外でも習志野市や東金市、大網白里市など県内の複数の自治体では千葉県産の天然ガスが使用されており、これらの地域では法人ではなく自治体による公営ガスが供給されています。もちろん料金は、東京ガスなど一般のガス会社と比べて安く設定されています。

千葉市各行政区の都市ガス普及率

千葉市は、政令指定都市であり6の行政区が設置されています。
各行政区の都市ガス普及率は、以下の通りです。
上述したように、緑区と若葉区ではメーター数が少なく、普及率も低くなっています。反対に千葉市の中心地である中央区を筆頭に花見川区、稲毛区、美浜区では導管の敷設が進んでいる状況。特に幕張新都心を中心とした美浜区では、設置済みメーターの数が世帯数を上回っているため普及率が100%を超えています。

東京ガス管内

東京ガス管内家庭用都市ガスメーター取付数(単位:個)供給区域の家庭用普及率
中央区70,73181.7%
花見川区66,64084.9%
稲毛区59,93188.0%
若葉区45,87471.3%
緑区10022.4%
美浜区64,507104.4%
千葉市計(東京ガス管内)307,78385.5%

数値は旧千葉ガス管内の取り付け数も含んでいます。


大多喜ガス管内

大多喜ガス管内家庭用都市ガスメーター取付数(単位:個)供給区域の家庭用普及率
中央区4,43342.2%
緑区29,47861.1%
千葉市計(大多喜ガス管内)33,91157.7%

経済産業省「平成25年度供給区域内普及率実績」より抜粋